建設業許可、無料相談・書類作成代行

※詳しい料金についてはこちら→建設業許可 料金表
(当事務所の建設業許可専門サイトに移動します)

建設業許可代行の料金建設業許可するご相談

建設業許可の種類って?

建設業と呼ばれる業種の許可は、その内容により29種類に分けられています。
そして、その1種の許可を取得しても他の建設業の許可を取得したことにはならないのです。

以下が29種の区分です。

区分No. 建設業の種類 区分No. 建設業の種類
1 土木一式工事 15 板金工事
2 建築一式工事 16 ガラス工事
3 大工工事 17 塗装工事
4 左官工事 18 防水工事
5 とび・大工・コンクリート工事 19 内装仕上工事
6 石工事 20 機械器具設置工事
7 屋根工事 21 熱絶縁工事
8 電気工事 22 電気通信工事
9 管工事 23 造園工事
10 タイル・れんが・ブロック工事 24 さく井工事
11 鋼構造物工事 25 建具工事
12 鉄筋工事 26 水道施設工事
13 ほ装工事 27 消防施設工事
14 しゆんせつ工事 28 清掃施設工事
29 解体工事業

建設業許可を取得するメリットとは??

建設業許可の本来の目的は、1件あたり500万円以上となる工事を請け負うことができるようになることです。
しかし、現代ではもっと別の視点から様々な利点(メリット)を得ることができるのです!

社会的・技術的な信用度が大幅に上がる!

なぜ、建設業許可を取得すると社会的・技術的な信用度が増すのでしょう?

それは、建設業許可の取得に、一定の要件を満たす必要があるからです。
要件とは実務経験や人的要件、資格等です。

建設業許可を持っている ⇒ その要件を満たしている ⇒ 建設業に関して実績がある!

上のような図が成り立つことで取引先(元請)も安心して業務を発注しやすくなり、また、金融機関への融資申請なども有利に働くことで、万が一という場合を考慮したとき、より安全な取引と思ってもらえることにもなるのです。
これは、公共事業への参入(入札参加)にも関わってくることになります。

それでは、以下に主要な要件の一部を挙げてみます。

建設業許可取得要件

①建設業界においての経営や業務に詳しい人材が必要。
⇒『経営業務の管理責任者の設置』

・経営業務の管理責任者となるには、既に建設業許可を取得している法人の役員として登記されていた期間が5年(他の建設業種であれば7年)、または個人事業主として建設業を営んできた期間が5年(他の建設業種であれば7年)以上あることが条件です。

要するに、責任ある立場で建設業に携わってきたか?という要件なのです。

②必要な技術に詳しい人材が必要。
⇒『専任技術者の設置』

・建設業許可を取得する際は、営業所を設置することとなります。この営業所はご自宅等でも可能ですが、必ず、営業所ごとに常勤の技術責任者(専任技術者)を登録しなければなりません
この専任技術者となるには、実務経験として10年(高校、専門学校、大学等の卒業により短縮あり)という期間、または建設業法で定められている国家資格等を取得していることが必要となります。

こちらは、純粋に建設業の技術に詳しい営業所であるか?という要件ですね。
なお、この専任技術者と①の経営業務の管理責任者は、同一の人間であっても問題ありません。

③規模の大きな工事を請け負う責任をとれること。
⇒『500万円以上の経営資金を調達できる能力』

・ここで注意すべき点は、500万円以上の現金があることが必要というわけではなく、『500万円という金額を扱うことができることを証明すること』が必要だということです。

例を挙げると、以下のような場合でも可能となります。

イ.銀行から500万円の融資を受けられる ⇒ OK!(銀行の正式な証明は必要)

ロ.従業員の給与を支払う直前なら500万円の現金が存在する ⇒ OK!

ハ.信用を得るに足る不動産を所有している ⇒ OK!(評価額によります)

このように、現金で500万円無いからといって諦めるのはもったいないことです。
特に、イ.についてはどなたでも可能性があることですし、上の書いたこと以外にも方法は存在します。

まずは『気さく』がモットーの当事務所にご相談ください。

新規で建設業許可を取得する際の注意事項

建設業許可を新規で取得しようとするとき、資格や経験年数、金銭的条件について注目されている方は珍しくありませんが、それらの条件以外で見落とされている場合が多いのが、建設業許可を取得するまでにかかる日数です。

まず、許可申請書類の作成・収集に『およそ5日~2週間』
本籍地の役場でしか発行できない証明書など、どうしても時間がかかる場合がございます。

そして、許可申請を提出してから実際に許可が下りるまでの期間(標準処理期間といいます)は、
・知事許可⇒およそ50日(岐阜県発表)
・大臣許可⇒およそ120日

なお、この標準処理期間は土日祝日など、行政機関の休日は含まれないことにも注意です。

あくまでも行政機関が発表した『標準』処理期間ですので、管轄の役場が忙しくなければ多少は早くなる場合もございますが、「急に500万円以上の仕事が入ってきたからすぐに許可を取りたい!」となってからでは遅い場合もあるので注意が必要です。

新規建設業許可申請時にご用意していただくもの

  • 印鑑(法人…法人実印、個人事業主…個人実印、技術者等の認印)
  • 要件証明資料(住民票、保険証、印鑑証明、資格認定証明書など)
  • ※ 申請内容によって必要な証明資料が異なります。

目安として書いておきますと、個人事業主として新規で知事許可を申請する際の書類は…
全部合わせると週刊誌程度の厚さになります(法人の場合は更に増えます)…。

貴重なお時間の節約のためにも、ぜひ専門家である当事務所の代理申請、代行申請をご利用ください。

法人化もおせください

個人事業から法人への切り替え(法人成り)について

建設業許可の取得をお考えの個人事業主の方は、同時に株式会社・合同会社への切り替え(法人成り)を考慮されている場合が多く見られます。

その理由として、建設業許可の取得も、法人成りも、どちらも『社会的信用を得る』目的が強いということがあるようです。

その考えは、決して間違っておりません。
法人化のメリット・デメリットを正しく認識した上で、建設業許可取得と法人化を同時に行うことは、社会的信用という面で相乗効果を発揮することになります。

「正直、まだ法人成りは考えてなかったけど…」
という個人事業主の方で、「でも一応、ついでに聞いてみようかな?」とお考えの方は、ぜひ、当事務所にご相談ください。

当事務所が運営する会社設立専門サイトの株式会社設立ページをご覧ください!!

アーラの株式会社設立サイト 岐阜で賢く会社設立!任せて安心!代行プロ

建設業許可の更新をお忘れなく!

建設業許可の有効期間は5年間です。
有効期間の満了後も引き続き宅建業を営むおつもりであれば以下の期間内に更新の申請をしなければなりません。

建設業許可の更新申請受付期間
知事許可 5年間の有効期間満了の2カ月前から30日前まで
大臣許可 5年間の有効期間満了の3カ月前から30日前まで

この更新申請の期限を過ぎると再び新規での許可申請となり、保証金や手数料など金銭での負担も多大なものとなってしまう上に、新規登録が完了するまでは営業ができず、お客様の信用を失うことにもなりかねません。

更新手続きに必要な書類の準備にかかるお時間も考慮して、お早めにご連絡ください。

面倒な作業に割く時間を実質的な開業準備にお使いください

岐阜のアーラ行政書士事務所は、起業家の皆様を心より応援しております。
起業前のお忙しいご依頼人に"開業後には不要となる手続の勉強"のお時間があるならば、その時間を使ってともに夢を語り、起業後のご依頼人のより良い未来を模索するお手伝いをさせていただきたいと考えているほどです。

もちろんご希望であれば手続の説明を"わかりやすく"説明させていただきますが、必要でなければご依頼人の手間が最低限となるように迅速かつスムーズな段取りを全ておまかせください。

その知識しいですか?

今読まれている本は最新版ですか?そのインターネットの情報は正確ですか?

間違った情報が氾濫している現代では、ご自身で30分かけて得た情報が正しいとは限りませんし、正しかったとしてもそれがあなたにとって最善の方法であるとは限りません

その30分をぜひ、専門家であるアーラ行政書士事務所の無料相談にお使いください。

岐阜市アーラ行政書士お問い合わせへ
岐阜市アーラ行政書士事務所代表あいさつ

受付業務一覧その他業務

種類から選ぶにはコチラからどうぞ

遺言・相続、内容証明、クーリングオフ、離婚 会社設立、許可、助成金、定款 就労ビザ、永住者、帰化、国際結婚
岐阜、アーラ行政書士のお問い合わせ
2018.7.30更新情報 new
臨時休業日のお知らせ
2018年8月1日~2018年8月3日まで、社員旅行によりお休みとさせて頂きます。
2018年8月4日より、通常通り朝10時から営業とさせて頂きます。
2017.12.25
年末年始の営業のお知らせ
2017年12月29日~2018年1月8日まで、お休みとさせて頂きます。
2018年1月9日より、通常通り朝10時から営業とさせて頂きます。
2016.12.11
年末年始の営業のお知らせ
2016年12月29日~2017年1月6日まで、お休みとさせて頂きます。
2017年1月7日より、通常通り朝10時から営業とさせて頂きます。
2015.12.15
年末年始の営業のお知らせ
2015年12月29日~2016年1月6日まで、お休みとさせて頂きます。
2016年1月7日は通常通り朝10時より営業となります。
2015.10.20
事務所の移転のお知らせ
事務所の所在地を移転しました。
岐阜県庁より車で2分、駐車場ございます。
電話番号、FAX番号に変更はありません。
2015.8.7
お盆期間中の営業について
2015年のお盆期間中は平常通り営業しております。
2015.4.29
建設業許可申請の全額返金保証サービスの開始について
建設業許可に関する申請について、当事務所報酬の全額返金保証サービスを開始致しました。
詳しくは下記サイトをご覧ください。
建設業許可 無料相談・書類作成代行
2014.12.20
年末年始営業のお知らせ
2014年12月30日~2015年1月6日まで、年末年始休業とさせて頂きます。
2015年1月7日朝10時からは平常通りの営業となります。
2014.10.5
臨時連休のお知らせ
2014年10月25日、26日は臨時休業とさせて頂きます。
27日から平常通り朝10時より営業いたします。
2014.9.8
車庫証明(自動車保管場所証明)の申請代行ページを新設しました。
岐阜県内で車庫証明の取得代行をご希望の方は個人様、法人様、事業主様を問わず、お問い合わせください。
車庫証明へ移動
また、自動車販売店様にはご要望に沿った特別プランをご用意させて頂きます。
2014.3.26
消費税増税に伴う料金表示について
2014年4月1日より消費税が8%に引き上げとなります。
それに伴い当事務所の料金表示につきましては、当面の期間、税抜き表示へと変更させて頂きますので、お間違いの無いようご了承ください。
2013.12.21
年末年始の営業時間
2013年12月29日(日)~2014年1月5日(日)まで、緊急の場合を除き業務を休業させていただきます。
2014年1月6日からは平常通り朝10時より営業予定です。
2013.9.16
2013年10月1日(火)より、岐阜県使用済金属類営業に関する条例が施行されます。詳しくは受付業務一覧から。
2013.9.4
2013年9月18日(水) 行政書士研修のため臨時休業とさせていただきます。
2013.8.24
法人様用印鑑の取扱いを開始しました。株式会社・合同会社などの会社設立とのセット割引きもございます。詳しくは受付業務一覧から。
2013.8.12
お盆期間中も通常通り営業しております。
2013.8.12
提携士業様の募集ページ開設いたしました。
特別な契約等はございませんので、近隣の他県の先生もぜひ右側サイドバーからご覧ください。
2013.8.12
顧問契約者様限定の特別割引については別途お見積りさせて頂いております。お問い合わせよりご連絡ください。
2013.8.12
お知らせ機能を追加しました。
岐阜のアーラ行政書士初めての方でも大歓迎です。
岐阜のアーラ行政書士は時間外・休日対応しております
岐阜で一番わかりやすい行政書士を目指します
岐阜のアーラ行政書士
行政書士.com
日本行政書士会連合会HP
岐阜県行政書士会HP
岐阜県行政書士会・岐阜支部HP
岐阜市ネットワーク拡大へ!岐阜の提携士業様募集中

アーラ行政書士事務所

岐阜県行政書士会 岐阜支部所属

岐阜県岐阜市須賀3-13-16
(岐阜県庁より車で2分)
 TEL. 058-214-3453
 FAX. 058-214-3454
 MAIL. info@ala-g.com

営業時間. 10:00~18:30
     (24時間電話受付)

当事務所運営サイト

岐阜で賢く会社設立!任せて安心!!代行プロ 岐阜で建設業許可 無料相談・書類作成代行

対応地域. 岐阜市、大垣市を中心に岐阜県全域OK!(岐阜県岐阜市、瑞穂市、大垣市、本巣市、羽島市、各務原市、関市、美濃市、山県市、本巣郡、羽島郡、その他)

愛知県対応OK!(一宮市、名古屋市、北名古屋市、清州市、春日井市、稲沢市、岩倉市、犬山市、小牧市、江南市その他)

岐阜市、岐阜市周辺の無料出張対応あります

岐阜市で法人設立、会社設立。岐阜市で株式会社設立、岐阜市で合同会社設立なら、岐阜のアーラ行政書士事務所まで。

岐阜市で株式会社設立、営業許可、認可を専門とする行政書士事務所です。

岐阜市、瑞穂市、本巣市、大垣市、各務原市、羽島郡、岐南町、揖斐川町、垂井町、坂祝町、可児市、笠松町、大野町、羽島市、関市、美濃市、山県市、多治見市、美濃加茂市まで!

岐阜市の活性化を目指し、岐阜の起業家の皆様を応援します。

岐阜市で評判の良い行政書士事務所をお探しなら!

パートナーリンク
会社設立.com
法人設立手続き(株式会社・合同会社・LLP・NPO法人・アメリカ法人)と起業時の資金調達を得意とする行政書法人ウィズネス。

Valid XHTML 1.0 Strict